タイルカーペットでオリジナルデザイン

2014.11.28

皆様、こんにちは!
「タイルカーペット コルクマット ラグマットのオルサン」のスタッフ リカです!

本日のブログ更新ですが、 わたくしリカが担当させていただきます。

タイルカーペットとは、小さなカットされたラグ・カーペットのことで、
色の組み合わせや配置パターンによって、様々なバリエーションが楽しめる
インテリア用品の1つです。

応接間やビルの廊下、ショッピングセンターなど、普段何気なく歩いている場所に
タイルカーペットが貼られているのを皆様はご存知ですか?

職業柄、私はよく出かけた際に床材をチェックしているのですが、 応接間などには主に単色または2色のタイルカーペットで「流し貼り」や「市松貼り」などの貼り方が多くされているように感じます。 ショッピングセンターの床はデザイン性があり、見ていて本当に楽しいですよ。

なので… いくつか紹介しちゃいます。

・暖色または、寒色を4色使って各2色づつの市松貼りをしますと
 統一感がでてより一層のデザイン性が感じられます。

・ベースとなる色の中央を四角く囲んで貼るのも模様ができて面白いです。

・インパクトのあるカラーのタイルカーペットを半分にカットしてラインをつけると
 アクセントになりワンランク上のデザインです。

・ベースとなるタイルカーペットの4つ隅を1色変えるだけで
 ラグマットのような感覚になります。

まだまだ、組合せやデザインはたくさんありますが文章で伝えるのは難しいですね…。 タイルカーペットは単色やストライプ、グラデーションなど豊富にそろっていて、インテリアのバリエーションも色々と楽しめます。

皆様もいろいろな組み合わせでタイルカーペットを楽しんではいかがですか?

今後も様々商品、情報等をを紹介していきますので、
「タイルカーペット コルクマット ラグマットのオルサン」を
よろしくお願いいたします。

ブログ記事一覧へ戻る